2017年8月28日月曜日

習慣化のコツ 1と2

昨日の記事で

習慣にしたいこと

(ブログ書くとか、愛犬のブラッシングするとか、歯磨きするとか)

を習慣化できるようになるには

3つのコツがあります。

そのうちの3つめを詳しく説明しました。

で、その1とその2をあんまり説明しなかったので、

今日はそれについて書きますね。


1つめは 環境を整える

でしたね。

「やろう」と思ったときに、

すぐそれにとりかからないと、

「やろう」と思った気持ちは

すぐしぼんでしまうそうです。


「やろう」と思ったら、1分以内には

それにとりかかれるように

準備しておくと良いそうですよ。


あとは、すでに習慣になっていることに

くっつける、とか。

たとえば、一昨日のブログのワンちゃんのブラッシングなら、

”お散歩のあとで、5分だけブラッシングする”

と決める、と書きました。

お散歩=すでに習慣になっていることと

組み合わせてます。

さらに、お散歩グッズをしまうところに

ブラシを入れておけば、

お散歩グッズをしまったら、

そのままブラシをつかんでブラッシング

という一連の流れができます。


こんな感じで、習慣化したいことに

スムーズに、無理なく取り掛かれる

準備が必要、ということです。


2つめのコツは、

それをやらなかったときの

デメリットを頭に叩き込む、

です。

たとえば、私は忙しさにかまけて、

愛犬ミルコの歯磨きを8歳まで

あまりしてやらなかったんです。

でも、8歳にして口臭が気になり始めて

これはちゃんと歯磨きせねば!と思ったときに

”歯磨きしなかったら、ミルコが早く死ぬ”

と自分に言い聞かせて、歯磨きを始めました。

それから6年、ほぼ毎日歯磨きを続けて、

歯石はあるものの、口臭と歯茎の炎症は

今のところ、ほぼ大丈夫です。



ご紹介した3つのコツのほかにも

細かいコツがちょこちょこあるのですが

(ハードルを低くして、達成しやすくするとか、

 ハードルを越えたときのご褒美を用意するとか、

 もし躓いても、そこでやめずにしれっとまた続けるとか。)


詳しくは、、、、




↑こういうのに書いてあります(笑)。



0 件のコメント:

コメントを投稿